投稿

50 2006年 ノルウェー沿岸急行船の旅

イメージ
2006年 ノルウェー沿岸急行船の旅   トロムセ(トロムソ)という地名で思い出した16年前の旅、もう記憶も定かではありませんが、まだグーグル・フォトもなく、宿や飛行機もネット予約というわけにはゆかず、宿は英文の手紙を書いてFAX、飛行機は電話予約だったでしょうか。今ほど便利ではありませんでした。旅程は、乗り物好きな夫が組んだものなので、かなりマニアックなものとなりましたが、行く先々で見るものは私が選択したのだったと思います。  8月17日(木)スカンジナビア航空でコペンハーゲン経由でノルウェー・オスロへ。プレミアム・エコノミーの席だったけれど、ビジネス・クラスにアップグレード、初めてビジネスクラスに乗りました。席はフルフラットではありませんが、前が広く、リクライニングの角度が大きい。前の椅子にテレビなどはなく、クルーが大事そうに携帯ビデオのようなものを一人ずつ渡してくれました。オスロ着。ラディソン・サス・オスロ泊。 8月18日(金)国立美術館でムンクをみました。「叫び」にもいくつかのバリエーションがあることがわかります。「人形の家」で知られるイプセン・ミュージアムをみて、ノルウェー民俗博物館へ。ランチはキャットフィッシュ(ナマズ?)とパンで、二人で8000円。特に高級店でもない普通の店です。ユーロが180円くらいだから仕方ないのでしょうか。コーヒーも高いので頼まなかったけれど店員が目の前で好きなだけ飲んでいるのはちょっと気分が悪かったです。夕食は持参した「どん兵衛」とかカップラーメンですませました。 イプセン・ミュージアム前のイプセンの像      ノルウェー民俗博物館のスターヴ協会。古くから伝わる木造の協会です。前にノルウェーに来た時から気になっていて、いつかじっくりみたいと思っていました。 8月19日(土)オスロから飛行機でボードーに行き、ボードーの港から沿岸急行船に乗ります。船に荷物を預けて少し街を散歩。15時出航、トロムソまで一泊二日の船旅。ほどなくロフォーテン諸島のすばらしい景色が広がります。シャワー付きキャビン、狭い普通の部屋なので、ほとんとデッキにいました。一室2名、一泊で8万円、テマサトラベルという北欧旅行専門の会社で予約したことを覚えています(その会社は今はもうなくなってしまったようです)。まだ船会社のホームページなども十分ではなく、直接ネットで

49 南極・北極科学館見学

イメージ
 南極・北極科学館見学    7月29日(金)、11時からセミナーの皆さんと国文学研究資料館特別展示見学をする予定でしたが、少し早く着いたので、建物の裏手にある南極・北極科学館を見ることにしました。   南極・北極科学館は、国文学研究資料館と同じ立川学術プラザ内にある国立極地研究所が、2010年7月に一般向けの広報展示施設として公開した施設です。現在は、曜日限定、予約が必要という条件付き開館だったのですが、7月25日から30日までは、「南極・北極サイエンスウィーク」という特別開館期間となっていて、予約なしで見学することができました。入場無料、撮影自由です(オーロラ・シアターのみ撮影禁止)。  夏休みの自由研究のためか、小学生と付き添いの父兄などが十組ほど先客がいましたが、さほど混んではいません。  文系人間なので、理系展示はは大丈夫かしらと、おそるおそる入ってみたのですが、 何といっても眼を奪われたのは、一番奥にあるドーム型のTACHIHIオーロラ・シアター、南極や北極で研究者が研究用に実際に撮影してきた映像が、10分ごとに5分間上映され、繰り返し楽しむことができます。  撮影禁止なので、別のイメージ写真(父の旅行記のもの。ノルウェーのオーロラ)を載せておきます。        オーロラ・ドームの手前で目に止まったのは南極観測船「しらせ」や「そうや」の模型。小学校時代、「そうや」が雪に閉じ込められた、今砕氷船が向かっているというテレビのニュースをドキドキしながら見たことや、小学校の教科書には西堀越冬隊長の文章が載っていたことを思い出しました。        1968年(昭和43年)に南極点まで往復5,200kmを走破した雪上車もありました。 ほとんど当時姿のままなのだそうです。          南極で見つかった地球外物質(隕石)や、南極の氷、北極の氷がお隣にあって、じかに触れられるところがすごい。偏光顕微鏡で隕石や岩石の観察もできます。ペンギン、シロクマの剥製もありました。             出入口の床には、南極と北極の地図が。南極にはご縁がありませんが、北極の地図を見ますと、トロムセ(トロムソ)という地名がありました。16年前に訪れたことのある懐かしい場所です。その旅のことは次回に書きます。                目次へ *************

48 19伊勢(3)(平中との贈答歌)ーほととぎすの歌と既読スルーの物語

イメージ
  19伊勢(平中との贈答歌)ーほととぎすの歌と既読スルーの物語   宇多天皇の女御温子(基経の娘)の女房として出仕した伊勢は、温子の異母弟である藤原仲平(基経の二男)との恋に破れ、宇多天皇の寵を得て皇子を生みますが、幼時に早世します。その皇子が亡くなった翌年に詠んだ歌があります。        生み奉りたりける皇子の亡くなりての又の年、郭公を聞きて    死出の山越えて来つらん郭公(ほととぎす)恋しき人の上語らなん(『拾遺集』哀傷・  1307)      「恋しき人」とは恋人ではなく、自分が生んで亡くなってしまった宇多天皇の皇子のことです。又の年とは翌年、おそらくは一周忌の頃に郭公の鳴き声を聞いて詠んだ歌です。     ほととぎすの歌については、42で述べましたが、そのなかに、あの世とこの世を行き来する鳥という型があったと思います。空を自由に飛翔する郭公は、彼岸から此岸にやってきてまた戻ってゆくのだから、あの世のことも詳しいだろう、あちらの世界での皇子の様子をどうか私に聞かせておくれ、というのです。「なん(なむ)」はあつらえ望む意、願望の終助詞です。   自分のなかに渦巻く激しい情をそのまま詠むのではなく、それを一度客観化して見つめ直し、整った理知的な形式にくるんで、静かな歌に仕立てあげるというのが伊勢の特色のですが、この歌は、それが見事に成功しているいい歌だと思います。  この歌は三番目の勅撰集である『拾遺集』に選ばれた秀歌ですが、伊勢の私家集である『伊勢集』にも載せられています。          さらに物もおぼえねばかへりごともせす。又の年の五月五日郭公の鳴くを聞ゝて        死出の山越えて来つらん郭公恋しき人の上語らなん(『伊勢集』〈西本願寺本〉・27)   歌の本文は同じですね。歌の前にある説明(詞書)には「又の年の五月五日郭公のなくを聞ゝて」とあって、『拾遺集』よりはっきり「五月五日」と明示されています。郭公の鳴くのを聞いて、というところは同じですが、「さらに物もおぼえねばかへりごともせず(全く物事をわきまえられないほどであったので返歌もしない)」というのはどういう意味なのでしょう。皇子が亡くなったことも書かれていませんね。この一節は、実は一つ前の歌に続いているのです。前の歌を詞書とともに載せますと、       この帝に仕うまつりて生みたりし

47 パソコンが壊れて

 パソコンが壊れて   パソコンが壊れてしまいました。仕事にもブログにも使っていましたのに。   2年前の春に買ったもので、コロナでテレワークとなり、パソコンが売り手市場になって、そう安くもなかったのですけれど、FUJITSUとNOJIMAの共同開発とかいうのが、最新のもので少しだけ値段を下げていましたので、購入決定。前のものは、起動に時間がかかり、どうにもならなくなっていましたし、まだオンライン授業を続けなければなりませんでしたので。  悪くはないのですが、結構せこい設定がしてあって、データはすべてワンドライブに自動的に保存され、「データがいっぱいです、容量を追加購入してください」というメッセージが流れ、いろいろ調べて、データを意味もなくワンドライブに保存するという、悪縁があるのに気づき、それを絶ちきったあとは快適に使うことができていたのですけれど、この春、あまりにうるさくWindows11に無料アップグレードといってくるので、とうとう誘いに乗ってしまって11にしたところ、しばしばブルー・スクリーン登場、デヴァイスに問題が生じました、再起動します、などといったメッセージが出るようになり、昨日、とうとうダウンしました。2年で壊れるなんてひどい。  時々PCが正気になるので、その間にデータをコピーして救出作業を試みたのですけれど、途中で切れてしまい、作っておいたリカバリーディスクでも、直すことができなくなりました。これまで、PCは自学自習、自力でやってきましたが、とうとう業者さんを頼むことに。  昨日の夕方電話すると、今朝すぐに来てくれて、もうハードディスク事態がおかしいのだ、と。私の手に負えなかったわけですね。中身の交換に4万以上かかる、しかも一週間くらいかかる、これでは月曜日の仕事の資料作りに間に合わないので、新しいものを買うことに。今まで電気店で、勧められたものを買って、二度失敗しているので、その業者さんに相談したらビジネスパソコンが、余計なものがなくて、よいのだとか。見かけはよくありませんが、とのこと。家で使うのに見かけはどうでもよいのでお願いします、というとすぐに持って来てくれました。  ということで、新しいパソコンをつないで、設定をし直して、とりあえず使えるようになりましたので全治1日くらいなのですけれど、古いものの修理代と新しいPCの購入で、ざっと20万

46 いとしい君のもとへ

イメージ
 いとしい君のもとへ    なんだか驚くようなタイトルですが、私ではなく、90歳の叔母のことばです。  叔母といっても父方の叔父の配偶者なのですけれど、両親が亡くなってしまってから、盆暮の挨拶を送るごとに電話をして話すことが恒例になりました。初めは型通りのお礼で終わったのですが、いつのまにか、女同士いろいろと話すようになり、それがとても楽しい時間なのでした。  叔母は昔のキャリアウーマン、津田塾大学を卒業後、英文タイピストをやっていたのですが、叔父と結婚して退職、家庭に入り、子育てをしたという、その時代ではありがちな職業婦人のコースをたどったのですが、とても頭がよく、話していると時間を忘れてしまいます。面白い映画や、テレビ番組を教えてくれるのですが、そのコメントが、視野が広く、とても鋭いのです。たとえば「刑事フォイル」、第二次世界大戦中のイギリスがどんなであったかわからなかったけれど、あれを見ればよくわかる、とても面白いと、謎解き刑事ドラマなのに、社会的な視点から見ているのです。「刑事フォイル」は、時代背景まできちんと考えられたよい作品でした。あまりに凝りすぎたため続けられなくなった、とかいう話です。  先達として人生の節目となるようなことも教えてくれました。八十代後半まで車を運転していたので、高齢者教習や、認知症テストがあることも話してくれましたし、また後期高齢者になると保険が変わるなど、叔母がたどってきた一つ一つのことをその折々に教えてくれたので、今、夫や私がそうした道を歩み始めた指針となってくれます。  先日の電話では、もう91になるのよ、そんなに生きるとは思わなかったのに、友達は皆70代でとっとと先にいってしまったというのです。同じ世代の友人たちとは、それぞれ道は違っても、どこかで同じように歩みを進めてきたと思っていたし、これからもずっと併走してくれるような幻想をもっていたのですが、そうではないのだ、いずれ自分を含め、誰かが欠けてゆくのだということが、そのことばで、ひしひしと身に迫ってくるような実感をもって立ち現れてきました。   叔母は、身の回りのことは自分でするし、娘と暮らしているので、それほど問題のない境遇なのですが、何もしないで生きていても仕方がない、早く二年前に亡くなったいとしい夫のもとにゆきたいけれど、ちっとも呼んでくれないのでこうして生きている

45 七夕の和歌

イメージ
 七夕の和歌   今日は七夕(新暦ですが)。空を見ると、上弦の月が西に低くかかり、空はところどころ薄いヴェールのような雲がかかっています。  天の川を隔てた織女星と牽牛星の星合を見るなどというのは、現在地では夢のまた夢ですが、七夕が近くなると、講義でも七夕の話をいろいろとしたことを思い出しました。今年はそれもしなくてよいのだと思うと、ほっとすると同時に少し寂しくもなります。  織姫や牽牛、天の川という名が近くにある神社として私が知っているのは、大阪府の交野や福岡県の宗像大社の中津宮(舟で大島まで渡る)、朝鮮半島から渡ってきた人々や、百済王氏によって七夕伝説が伝えられたとされているところです。  改めて書くエネルギーがないので、昨年の七夕の頃にやった講義を切り取ってリンクをお知らせします。よろしかったら、リンクをクリックして聞いてみて下さい。途中からのもので、吹き込み直しもしていない省エネなもので申し訳ないのですが、あと1時間半で七夕の日は終わってしまいますのに、なんだか、何もしないでスルーしてしまうのはもったいないような気もしますので。              https://youtu.be/-tAQ1pJyq68             織女星の和菓子と、おまけについていた天の川、笹の葉短冊のクラフト                   目次へ  

44 丸紅ギャラリー開館記念展Ⅱー行ってきました

イメージ
 丸紅ギャラリー開館記念展Ⅱー行ってきました  行ってきました。月曜日(6月27日)の午後です。ひどい暑さなので、あまり地上を歩かないように東西線の竹橋駅から。といっても地下道を結構歩きますが、地上に出てからは2分くらい、丸紅東京本社ビルの三階です。会社の中にあるから、普通の美術館と違って、日曜日お休みなのだ、と納得。  思ったより人がいて、女性の二人連れが多く、着物姿の女性も。  確かにすばらしい着物ばかり。出品目録と照らし合わせていると、番号が飛んでいます。7月2日までの前期展示のみなのでした。コレクションの中から厳選した44点を22点ずつ展示します、とあるから、22点しかなくてちょっと少ないですが、入場料が安いので仕方ありません。出品目録で、前期展示は●、後期展示は★のマークがついています。お目当ての「染分縮緬地源氏絵海辺模様小袖」は後期なのでありませんでしたが、どれもまさに眼福でした。   撮影禁止なので図録を買いました(ブログのための1100円の出費です(^^;))。そう高くはありませんが、色はもう一つかなといった感じで、実物の方がずっとすばらしいです。少しだけ紹介します。衣装の解説は図録を参考にしました。   パンフレットやチケットの上部の図案(上の写真は入り口ですが、パンフレットと同じもの。舟の模様)としているのが、  「9納戸紋縮緬地淀の曳舟模様小袖(なんどちりめんじよどのひきふねもようこそで)」です。  江戸時代18世紀後半、勝川春章(1726?-1792)によるものと伝えられていて、描かれているのは淀川の三十石船で、舟子や船頭、乗客たちの表情が生き生きと描かれています。丸紅ギャラリーのロゴデザインのモチーフになっているそうです。 向かって左の身ごろにあるのは、綱で舟を引く人々。 小舟の部分が、パンフレットなどの図案。   「1 紫縮緬地御所解文様染繍振袖  」  天保ごろの製と考えられる武家の妻女の振り袖。松や桜、梅、牡丹、紅葉、菊、流水、葛屋などに、御所車や几帳、檜扇、冠、轡、鎧など、王朝風の和歌や物語、謡曲などの一節を暗示するような点景物を配した山水文様で、一般に御所解文様と呼ばれているそうです。  御所車に芦と笠が配されているところは、謡曲の「芦刈」を表していると考えられています。謡曲「芦刈」は『大和物語』百四十八段がもとになっています。貧